Home データから家賃収入を計算する

データから家賃収入を計算する

家賃が例えば周辺地域での相場で表示されている場合、あなたは実際の家賃を知る必要があります。例えば、小さな但し書きの中に、実際の家賃は○○円、と記載がされているケースもあり得るでしょう。あなたが参照すべきはその、小さく記された、まるであまり重要でないデータのように示されているその数値であるべきなのです。

例えば、事業計画(例)などと言った肩書きで、収入の見込みを示す表が、記されているとします。

部屋数8部屋、面積70平方メートル、家賃5万円、家賃総額40万円。これらのデータが記入されています。あなたがするべきは、「*」や「※」などの、注意書きを意味する記号を探すことです。

「*数値は当社シミュレーションによる。実際の家賃は4,4万円。」という注意書きを発見します。広告を作る会社のシミュレーションでは5万円の家賃が見込める、という意味であり、現状、実際は6000円も低い4、4000円で賃貸されていることです。つまり、おそらくあなたが運営するならば、5万円での貸し出しが可能です、という、無意味な予想が提示されているわけです。

この数字には意味がほとんどありません。この計算を行なっている会社は、全くあなたのことを知りませんので、数字に根拠は全くないのです。

付け足しのように書かれた実際の家賃、これをしっかりと確認しましょう。家賃4,4万円の物件が8部屋で、35,2万円。広告が提示している40万円の、4,8万円も低くなります。年間では57,6万円もの違いが出ます。

広告の額面を期待して物件を購入した場合、あなたの収入は見込みよりも60万円近く、低くなってしまうのです。