Home 物件から得られる収入を把握する

物件から得られる収入を把握する

前回の記事で、取引の成功を意味するデータは、収支のデータであるということを言いました。そして収支における「収」、つまり収入について細分化して検討することを知っていただけたと思います。

さらに、考慮すべき収入は、実際の過去の実績のデータのみではないということも示しました。それが実質収入です。そして実質潜在収入という、過去にあり得た理想的な収入の見込み、というものも提示しました。

もう一つ、重要な区分があります。それは将来における潜在収入ということになります。

言葉の通り、これは潜在的な収入に区分されるべきもので、先述した実質潜在収入と似たようなものと言えます。しかし、この二種類の潜在的な収入は、おそらく異なる金額を算出することになると思われます。

将来における潜在収入は、あなたが実際に投資物件を購入し、コストをかけて運営した場合に得られるであろう、収入を意味します。実質潜在収入と比較すれば、違いがわかりやすくなるでしょう。

実質潜在収入は、これまでの運営方法、家賃、その他収入の価格設定を維持して、それらがフルに活用された場合、どれほどのリターンがあり得たか、という理想的な過去、についての計算です。

しかしあなたは、前のオーナーと全く同じ運営をすることはなかなかないと言えます。それは、前のオーナーが非常に優秀で、全く欠点のない維持・運用をしていた場合にのみ起きることで、そのような物件は全国でも数え得るほどしかないかもしれません。あなたは投資対象物件に対して、私ならこうするのに、と想い描くと思います。そのようなイメージを実践した場合の未来において、つまりあなたが改善を施した上で運営を行う将来では、どれほどの収入がありうるだろうか。これが収入に浮いて考慮すべき、最後の大きな柱となるのです。