Home 未分類買付証明書の効力と重要性

買付証明書の効力と重要性

前述した通り、買付証明書は、あなたが契約に乗り出す際に、最初に作成する明文化されたオファーです。それは交渉の開始地点を定める非常に重要なもので、一方的な提案に過ぎないのだから、と軽視する理由はありません。

分譲住宅や土地付き戸建などの購入のオファーは、購入申込書という書類から始まりますが、これは買付証明書と同様に、不動産の購入意思表示をするためのものです。

申込書の一部なのだと考えれば、買付証明書の効力についても想像がつくと思います。このような条件での購入を希望します、というエントリーですので、売買契約の締結を意味するものではなく、また、申請者の意思で取り下げることができる、という特質もあります。契約を実行する力がなく、取り下げも可能である、つまりは法的な拘束力を持たないということになります。

買付証明書を提出した後にも、あなたは物件に関する情報収集を進めます。購入に至って以降の、運営のコストや方法についてリサーチすることもあるでしょうが、契約条件の合意い至っていない以上、それら取引内容についての理解を深めるべきかもしれません。

この段階のリサーチの中で、提示したオファーの価格が高すぎるか低すぎるといった認識に至ることは、ままあると思います。あまりに高いオファーを出してしまった、このまま購入しては大損をしてしまうことになる……その場合は、買付証明書の取り下げが必要となるでしょう。

一度出したオファーを、買主側から一方的に取り下げることは、もちろん、モラルとして避けたいことです。しかし不動産投資はビジネスですので、何よりも損失を避けることです。誠実な取引相手になるためにも、リサーチと収支算出のプロセスが非常に大事であると、わかると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です