Home 未分類個人で不動産投資を行う場合の注意点(以外な落とし穴)

個人で不動産投資を行う場合の注意点(以外な落とし穴)

不動産投資を行う際に、誰でもキャッシュフローや利回りを見ます。キャッシュフローは特に
いくらで購入して、賃貸にいくらで貸して、借りたほうが何年住み続けるのか?修繕費は何年に
1回発生し、差し引きいくらの収益が出るのか?といった計算を行います。

こういったキャッシュフローの計算をした上で、自己資金を用意し、場合によっては銀行の融資を
取り付けて物件を購入する訳ですが、キャッシュフローはキャッシュフローとして計算では算出しても
以外な落とし穴があることをここでは紹介します。

賃貸で貸した場合の入居者の層を以外と見落としている場合があります。

購入する時点で、入居者が8割、日が経つにつれ9割以上を超えるような物件などは、収益が大幅に
見込めるので、買い付けをしたくなります。

しかし、ここで注意するべきことは、なぜ入居率が8割、9割を超えているのに売りに出されているのか?
という点です。

もちろん売られる時点での売主はさまざまな売主がいますので、収益は十分見込めるのに諸事情により
やむなく売りに出さなければならないこともあるでしょう。

しかし、どんな事情があっても好条件のまま売りに出されているような物件には落とし穴がある場合が
あるということに注意する必要があります。

ちなみにある個人投資家の方が、入居率が8割、9割の地方都市のマンションに投資を行いましたが、
ふたを開けてみると、キャッシュフローとしては、サラリーマン年収を大きく上回る収益が得られる
はずでしたが、入居期聞が想定していたよりも短かったのです。
マンションの入居者は半数近く割が学生で、残りが社会人という構成で、社会人の年収にしても
それほど高い収入は得ておらず、転職のため地方都市に引っ越してきている人が大半とのこと
でした。つまり総合的に入居者の状況を見ると、大半が短期間、借りて、すぐに他に転居して
しまうような人ばかりだったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です